帽子のサイズ

頭のサイズの測り方

【頭のサイズの測定位置】 頭のサイズをメジャーで測るときは、両耳の付け根の上約3cmと、おでこのいちばん飛び出した部分を通るラインをむすんで頭を一周してください。

メジャーサイズ+1~2cmが帽子サイズとして標準です。(メジャーで測った数値そのままのサイズでは小さく感じます)

※お手元の帽子で、内側にメジャーをあててサイズを測定しますと、実寸より小さな値になることが多くございます。ヘッドサイズでの測定をお勧めいたします。

当社の基準規格

表のサイズ設定は当社の基準規格です。

S54 cmオーダーメイドのみ
M56 cm市販のフリーサイズより小さめ
L58 cm市販のフリーサイズは主にコレ
2L60 cm
3L62 cm
4L64 cm
5L66 cmオーダーメイドのみ

メーカーごとの設定差

帽子のサイズにはメーカーにより差異があり、市販の帽子で「フリーサイズ」または「サイズ表示なし」の場合、58cmであることが多くあります。また市販のレディス帽子はメンズ帽子よりも設定を大きくしていて、「Mサイズ」表示が57.5cmになっていることが多くあります。

男女共通サイズ

当社の場合は、レディス・メンズ兼用の帽子が多いため、男女設定差は設けておりません。市販のレディス「フリーサイズ」のものは、当社のLサイズ と同等とご判断ください。

迷ったときの決め方

サイズアジャスタ-付きの帽子

サイズアジャスターは、伸ばすというよりは縮めるための機能です。大きめの帽子でもアジャスターで小さめに調整して使用するのが無難ですので、たとえば、Lサイズと2Lサイズのどちらにしようかという場合でしたら、2Lをお勧めします。

ゴム式アジャスタ-の場合

ただし、ゴム式アジャスターの帽子の場合は、ゴムが縮んだ状態が基本サイズですので、逆にLのほうが宜しいでしょう。

サイズアジャスターの付いていない帽子

アジャスター(サイズ調整ひも等)の付いていないハット帽子などの場合は、小さいよりはむしろ大きめがいい、と言われる方が多いようです。ただし、かぶり心地のお好みによる違いはございます。

サイズを確認するには…

当店では、サイズ見本としてお送りできる帽子は用意してございません。在庫の多くを生地の状態にて持っており、小ロットでの生産(商品によっては受注生産)を繰り返している事情によるものです。ご理解下さい。

複数サイズをかぶり比べてお決めになりたい場合には、恐れ入りますが、事前にご連絡の上、実店舗へご来店下さい。

なお、商品ご購入後のサイズ交換を承っております。詳しくは返品・交換のお約束のページをご覧下さい。

ROSINANTE ろしなんて工房
copyright©2019 有限会社川口ぼうし all rights reserved.